関連TOPICS
【講演会紹介】2022年5月18日(水)

 

第58回ナノ構造ポリマー研究会

新型コロナウィルスによる感染リスクへの対応として、世の中の活動様式が大きく変革されつつあります。 その中、今回は、withコロナ、afterコロナの世界において期待される高速通信を支えるポリマー材料技術につ いて、有識者から最近の技術動向を発信いただくべく、講演会を企画しました。大阪大学の大久保先生か ら、次世代の高速通信のプリント配線板として期待されるフッ素樹脂とその課題である表面改質技術、古河 電工の加納氏から、大容量データ通信を支える光ファイバ被覆の信頼性技術の取り組みを詳述いただきま す。また、講演会終了後に、交流を兼ねたオンラインでのフリーディスカッションの場を設定しました。多 数の方にご参加頂きますよう、宜しくお願い致します。

【日時】2022年5月18日(水)13:00-17:00
【方法】webを使用したオンライン(Zoom)
*オンラインでの参加希望される方には別途、開催日前に入力方法をお知らせいたします。

【内容】

13:00-13:50
総会(ナノ構造ポリマー研究協会)

13:50-14:00
挨拶:古河電工(株) 加納 義久氏(ナノ構造ポリマー研究協会副代表理事)

14:00-15:10
演題:次世代の高速通信を支えるフッ素樹脂(PTFE)の表面改質技術
講師:大阪大学 大久保 雄司氏
概要:次世代の高速通信(Beyond 5G)を実現する上でプリント配線板に求められる要件について紹介する。 そして、その要件を満たすために必須となるフッ素樹脂とその表面改質技術「熱アシストプラズマ処理」に ついて解説する。

15:10-15:20 休憩

15:20-16:30
演題:古河電工における先端解析技術と光ファイバ被覆の信頼性技術の確立
講師:古河電工(株) 加納 義久氏
概要:昨今の5Gの進展や新型コロナウィルス感染症による外出自粛に伴うテレワークの利用により、通信の 大容量化が急激に増加している。その大容量データを支える光ファイバケーブル網を構築することにより, 長距離・超高速伝送が可能になる。本講演では、古河電工の先端解析技術(分析・解析・信頼性)のミッショ ンと取り組み事例として、光ファイバ被覆の信頼性技術の確立を紹介する。

16:30-17:00
交流を兼ねたオンラインでのフリーディスカッション

【参加要項】ナノ構造ポリマー研究協会会員 無料、非会員 10000円
   氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、請求書が必要な場合は、その旨を下記へ
   メールでご連絡下さい。
【ナノ構造ポリマー研究協会会員】
  特定非営利活動法人ナノ構造ポリマー研究協会
  会員委員 副代表理事 加納義久 E-mail: kano@ransp.org

  WEB申し込み
  URL:http://ransp.org/index.html
  より、開催行事に進み、参加連絡に記入して、送信してください。
  

【講演会・見学会紹介】2022年6月24日(金)

 

SPE日本支部
「サーキュラーエコノミー」

製品、素材、資源の価値を可能な限り長く保全・維持し、廃棄物の発生を最小限化する経済シス テム「サーキュラーエコノミー(CE)」の構築が求められています。本講演・見学会では、家電、 インフラ、自動車という3つの分野におけるCEへの取組を、第一線でご活躍の3名の講師に解説い ただきます。さらに家電分野については、株式会社ハイパーサイクルシステムズ本社工場を見学さ せていただきます。
【主催】SPE日本支部
【日時】2022年6月24日(金) 13:00〜17:05
【場所】株式会社ハイパーサイクルシステムズ本社工場(千葉県市川市東浜1-2-4)
【定員】30名
※コロナウィルス感染拡大の状況によりWEB開催(Zoom)となる可能性があります。

13:00-13:05 主催者挨拶

13:05-13:50
見学会:株式会社ハイパーサイクルシステムズ本社工場
※コロナウィルス感染拡大の状況により、ビデオによるバーチャル見学会と
 させていただく場合があります。

13:55-14:50
「家電リサイクルプラスチックの自己循環技術の開発と課題」
 三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 環境・分析評価技術部 主席研究員 松尾雄一 氏

14:50-15:00 休 憩

15:00-16:00
「インフラ関連のサーキュラーエコノミー:ガス用ポリエチレン管リサイクルとガスメーター部材リユース」
  元京都工芸繊維大学教授 西村寛之 氏

16:00-17:00
「自動車リサイクルの現状と将来への課題」
  公益財団法人 自動車リサイクル促進センター  専務理事 阿部知和 氏

17:00−17:05 終わりに

【参加要領】
参加費
SPE日本支部会員:無料 (個人会員の代理出席は認められません)
        法人会員は5名まで無料 5名を超える分は有料となります。
非会員:税込15,000円(開催日1週間前までに指定口座へ振込いただきます)

講演会参加を申し込むにはHPへのログインが必要です。
ログインに先立ちHPより登録をお願いします。会員の方にはserverからお願いします。
https://spejapan.jp/spejp/login/

メール会員(会告をメールで入手されている無料の会員)は登録されることをお勧めします。
登録は無料です。アクセスできない場合はメールでお願いします。
お名前、会社名、部署、電話、メールアドレスを下記宛へご連絡ください。
 SPE 日本支部企画担当 株式会社KRI 川崎真一
 e-mail:kawasaki@spejapan.jp

【セミナー紹介】2022年7月7日(木)

 

第12回ナノ構造ポリマー研究協会nano webinar

ナノ構造ポリマー研究協会では2020年度よりnano webinarを企画し、オンライン配信による講演会を実施しています。今年度もその企画を継続し、年3回の開催を行う予定にしております。
今年度1回目の第12回nano webinarではプラスチックのライフサイクルアセスメント(LCA)をテーマに取り上げ、最前線で御活躍されている講師の方に講演をお願いいたしました。環境を意識したバイオプラスチックやリサイクルに関連したLCAに関する最新の研究動向のお話を伺えると思います。多くの方が参加され、活発に意見交換されることを期待しております。

【日時】2022年7月7日(木)13:00-15:10
【方法】webを使用したオンライン(Zoom)

【プログラム】

13:00-13:10
挨拶:ナノ構造ポリマー研究協会代表理事 西 敏夫

13:10-14:10
座長:臼杵有光 ナノ構造ポリマー研究協会副代表理事
講師:菊池康紀(東京大学未来ビジョン研究センター 准教授)
演題:バイオマス由来プラスチックに関するライフサイクル思考
要旨:バイオマスからの化学品製造は、偏在する枯渇性資源である化石資源から、遍在しうる再生可能資源であるバイオマスに化学品原料を代替していくことであり、持続的な化学品生産を可能としうるだけでなく、バイオエコノミーの実現にも貢献しうるものである。ただし、ライフサイクル全体における帰結的な分析が不可欠であり、持続可能な農林業を実現していくために機能することが求められる。本講演では、最新の研究動向をレビューしつつ、各ライフサイクルステージにおける評価の観点を整理し、バイオマスプラスチックの役割と挑戦をライフサイクル思考に基づき考察する。

14:10-15:10
座長:青木憲治 ナノ構造ポリマー研究協会理事
講師:鶴田祥一郎(一般社団法人サステナブル経営推進機構(SuMPO)主任研究員)
演題:カーボンニュートラル社会におけるLCAの活用
要旨:2050年にカーボンニュートラル達成に向けて、大きな動きが生じている。そのような中、地球温暖化をはじめとした環境影響を定量的に評価できる手法としてライフサイクルアセスメント(LCA)が注目されている。 本講演では、LCAについて説明するとともに、必要とされる背景や、国内動向、製品算定事例等について紹介する。

【参加要領】
  講習会費:ナノ構造ポリマー研究協会会員 無料 / 非会員 5,000円
  申込方法:下記URLよりお申し込みください
       https://ransp.jp/index.html/attend/
     または、氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、住所等と
     さらに請求書が必要な場合はその旨を記載し下記へメールでご連絡下さい。
  企画責任者 理事
  臼杵有光(京都大学) usuki@ransp.jp

プライバシー&ポリシー | ご意見・ご質問はこちらへ |
Copyright (C) 2005 PLASTICS AGE CO.,LTD. All rights reserved.