関連TOPICS
【講演会紹介】2022年2月2日(水)

 

第15回NANO/SPE合同講演会

 ナノ構造ポリマー研究協会とSPE日本支部による第15回NANO/SPE合同講演会を、下記の内容にて開催します。
 本合同講演会は、ナノレベルでの構造を制御して特性の向上を図る材料開発分野と、ポリマー成型加 工による新規機能付与や生産性向上を図る分野において、両分野の最新動向の把握と、相互連携によ る発展や技術融合を促進するのが目的です。今回の合同講演会では、最近の産学におけるマイクロから ナノオーダーのサイズに着目し、材料、成形加工、評価・分析技術の開発動向に関するトピックスを企 画しました。材料設計分野、ポリマー加工プロセス分野に関係する研究者が参加され、今後の更なる 発展や研究者相互の交流を深める良い機会になることを期待します。
【日時】令和4年2月2日(水)13:00-17:30
【方法】webを使用したオンライン(Zoom)

*オンラインでの参加を希望される方には、別途、開催日前に、入力方法をお知らせいたします。 なお、通信の安定状況により講演の配信が中断、画像、音声に乱れが発生する場合がありますが、 返金その他の保障は致しかねます。恐縮ですが、ご了承の上お申し込みください。


【内容】

13:00〜13:10
開会挨拶 西敏夫 ナノ構造ポリマー研究協会代表理事

13:10-14:10
「高分子材料表面および界面での物性・構造評価 〜走査プローブ顕微鏡を中心に〜」
株式会社三井化学分析センター 生井 勝康 氏
概要:各種高分子材料に関して、例えば、接着性向上のために、表面改質を行う場合、ナノスケールで の表面物性・構造の理解が重要となってくる。最近では、繊維強化プラスチックのように、界面での物 性・構造評価が重要となる材料開発も進んでいる。本講演では、走査プローブ顕微鏡(SPM)技術を 中心に、表面および界面での物性・構造評価技術とその解析事例について紹介する。

14:10-15:10
「古河電工のポリマー技術」
古河電気工業(株) 伊倉 幸広 氏
概要:電線の絶縁被覆に端を発した古河電工のポリマー技術は、その後発泡製品や光ファイバなど身 近な製品へと様々に深化を続けている。本発表では、古河電工のポリマー技術の中でも、筆者がかか わってきた発泡技術と最近の取り組みであるセルロース繊維強化樹脂の解析事例について報告する。

15:10-15:20  〜 休憩 〜

15:20-16:20
「カニ殻由来のキチンナノファイバーで補強した高分子と生体接着剤の開発」
鳥取大学 伊福 伸介 氏
概要:カニ殻から新素材キチンナノファイバーを製造した。キチンナノファイバーは物性に優れ、高分 子を強化する補強繊維として利用できる。また、多様な生理機能を備える。手術において縫合しの不要 な生体接着剤を開発した。

16:20-17:20
「ラマン分光を利用した樹脂成形体中の応力測定」
京都工芸繊維大学 西川 幸宏氏
概要:樹脂成形体における残留応力は、成形体のソリやヒケといった成形不良の原因の一つと考えら れるが、残留応力測定法の不在のために研究は進んでいなかった。我々は圧力応答性の高いセラミッ クスを系に分散させ、ラマン分光を用いることでセラミックス周辺の圧力を計測する方法を開発し た。これを樹脂成形体に応用すると、樹脂成形体中の残留応力が測定可能となる。束帯された圧力は 残留応力とは限らないが、多角的な検討を行った結果、残留応力であると結論付けられた。これに よって残留応力についての理解が飛躍的に進むことが期待される。

17:20-17:30
閉会挨拶 伊藤浩志  SPE日本支部支部長

●参加要領
【講習会費】
  ナノ構造ポリマー研究協会会員:無料、SPE日本支部会員:無料、非会員:15,000円
  (個人会員の代理出席は認められません)
【申込方法】
  該当学会毎にWEB申し込みをお願いします。
  アクセスできない場合、お名前、会社名、部署、電話、メールアドレスをご記入しメールでご連絡お願いします。
【ナノ構造ポリマー研究協会会員】
  特定非営利活動法人ナノ構造ポリマー研究協会 会員委員 理事 伊倉幸広
  古河電気工業(株) サステイナブルテクノロジー研究所
  素材力イノベーションセンターポリマー技術開発課
  mail: ikura@ransp.org
【WEB申し込み】
  URL: https://ransp.jp/index.html/ より、開催行事に進み、参加連絡に記入して、送信してください。 【SPE日本支部会員】
  SPE日本支部 企画担当 金 容薫
  古河電気工業(株) 自動車・エレクトロニクス研究所
  mail: kim@spejapan.jp
【WEB申し込み】
  URL: https://spejapan.jp/spejp/
講演会参加を上記より申し込むにはHPへのログインが必要です。ログインに先立ちHPより登録をお 願いします。会員の方にはserverからユーザー名、メルアドが送られましたら、PWを入力して、ログ イン出来る様に準備して下さい。 メール会員(会告をメールで入手されている無料の会員)は登録さ れることをお勧めします。登録は無料です。
【非会員】
  上記のいずれかより申し込みをお願いします。
【講演会紹介】2022年2月3日(木)

 

化学工業日報社
技術セミナー『プラスチック射出成形金型の基礎を学ぶ』

普段、射出成形金型に触れる機会が無い方々および金型関連業務にこれから携わろうという新人の方々に向け、その仕様や作り方、試作成型から量産成形に至る流れを解説いたします。わかりやすい解説で好評いただいた株式会社アイシム 代表取締役 天野 克久 氏にご登壇いただきます。皆様のご参加をお待ちしております。
【主催】化学工業日報社
【日時】2022年2月3日(木) [入室13:00〜] 13:15〜17:00
    本セミナーはライブ配信によるオンラインセミナーです。
●講師 株式会社アイシム 代表取締役 天野 克久 氏
●略歴
1995年に金型メーカーの(株)明輝に入社。約17年にわたり樹脂流動解析の立上げ、運用に携わる。自動車、家電、日用品など幅広い分野の製品、小さなものでは40トンクラス、大きなものでは4,000トンクラスの成形機を使用する製品まで、樹脂流動解析を行った実績を持ち、今まで解析を行った製品は約1,000型にも及ぶ。2012年に、受託樹脂流動解析を中心に樹脂流動解析システムの導入や運用の相談まで樹脂流動解析に関するありとあらゆる事を専門的に行う(株)アイシムを設立。常に現場目線で様々な会社の樹脂製品や金型の設計、製作を樹脂流動解析でサポートする傍ら、樹脂流動解析を製造現場に広める活動も行っている。

●講演要旨
1.金型業界が抱えている悩みについて

2.射出成形金型の作り方
 【STEP1】金型仕様について確認する
  a.スケジュールを確認する
   ・重要なのは正式図出図日
  b.金型仕様を確認する
   ・取り数について確認する
  c.金型構造を考える
   ・金型構造3つのタイプについて

 【STEP2】金型を設計する
  a.収縮率を確認・決め方について
  b.製品形状をチェックする
   ・パーティングライン、抜き勾配、製品肉厚、金型強度、
    金型上の安全性を確認する
  c.金型構造の詳細を考える
   ・アンダーカットの処理法、入れ子、冷却回路、突き出し、
    ゲート位置・点数、ランナーレイアウトを考える
  d.成形品に不具合が出ないように対策する
   ・金型起因の不具合と対処法について

 【STEP3】金型部品を加工する
  a.機械加工で削りだし
  b.機械で加工できないところは放電加工で
  c.ワイヤーカット加工について

 【STEP4】金型部品を組み立てて完成する(仕上げ部門の役割とは?)
  a.磨き作業について
  b.型組みについて
  c.押切作業について

 【STEP5】試作成形&修正。そして量産成形へ
  a.金型の作動を確認する
  b.加工漏れを確認する
  c.成形品に不具合が無いかを確認する

3.質疑応答
●開催要項
【受講料】 27,500円(税込)
【申込締切日】 1月31日(月)17時
【受講要件】
  既存の「インターネットブラウザ」の利用が可能であること、
  もしくはビデオ会議ツール「Zoom」アプリ(無料)のインストールが可能な方
【お申し込み先】
  URL: https://www.chemicaldaily.co.jp/seminar/220203
【講演会紹介】2022年3月16日(水)

 

第11回ナノ構造ポリマー研究協会 nano webinar

ナノ構造ポリマー研究協会では昨年度よりnano webinarを企画し、オンライン配信によ る講演会を実施しています。今年度もその企画を継続し、年3回程の開催を行う予定にして おります。 今年度3回目の第11回nano webinarではセルロースナノファイバー(CNF)をテーマに取り 上げ、最前線で御活躍されている大学と企業の講師の方に講演をお願いいたしました。CNF は軽量、高強度、低熱線膨張率等様々な特徴をもった新素材であり、多岐にわたる産業分野 への展開が期待されております。企業、大学における最新の研究開発動向に関するお話を伺 えると思います。多くの方が参加され、活発に意見交換されることを期待しております。

【日時】2022年3月16日(水)13:00-15:10
【方法】webを使用したオンライン(Zoom)

【プログラム】

13:00-13:10
挨拶:ナノ構造ポリマー研究協会代表理事 西 敏夫

13:10-14:10
座長 臼杵有光 ナノ構造ポリマー研究協会副代表理事
講師:梶田圭一 王子ホールディングス株式会社
   イノベーション推進本部 CNF創造センター 上級研究員
演題: リン酸化セルロースナノファイバーの製造とその特性(仮)
要旨:
 弊社ではリン酸化CNFの開発に成功した。本講演では、リン酸化CNFの特徴を広く概説する。具体的にはCNFの水分散液の特徴とそれを活かした用途、また透明シート、疎水化CNF、樹脂との複合といった様々な形態のCNFを紹介する。

14:10-15:10
座長 青木憲治 ナノ構造ポリマー研究協会理事
講師:寺本好邦 京都大学農学研究科 森林科学専攻
演題: バイオナノマテリアルやその複合材料の階層構造の評価
要旨:
 セルロースナノファイバーをはじめとするバイオナノマテリアルとその複合材料で見 過ごされてきた階層的な構造情報(官能基分布,結合の有無,分散性ほか)を評価しようと してきた取り組みをご紹介します。


【参加要項】ナノ構造ポリマー研究協会会員 無料、非会員 5000円
 会員:HPへログインし、講演会参加連絡より講演を選んで連絡ください。
 非会員:HPへログイン後、講演会参加連絡より講演を選んで連絡ください。
 または、氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、住所等と
 さらに請求書が必要な場合はその旨を記載し下記へメールでご連絡下さい。

【ナノ構造ポリマー研究協会会員】
 特定非営利活動法人ナノ構造ポリマー研究協会
 企画責任者 理事 青木憲治(静岡大学) E-mail: aoki@ransp.jp
プライバシー&ポリシー | ご意見・ご質問はこちらへ |
Copyright (C) 2005 PLASTICS AGE CO.,LTD. All rights reserved.