タイトル:月刊プラスチックス・エージ 月刊プラスチックス・エージ最新号表紙
1年間 セット価格 22,000円(税別・送料込)
1冊(1月号)本体価格 1,900円(税別)

プラスチックスエージ e-book

詳細→

ebookサービスは年間購読者へのサービスとなります。 年間購読者にはID、PWを発行いたします。 ご購読者Code番号、貴社名、ご氏名、電話番号、E-Mailなどをご記入の上、
FAX:03-3256-1954 または
までメールでお送りください。

年間購読の申込み

メールにて、件名を、
「年間購読申込」
本文には、
・貴社名 ・ご所属 ・ご担当者様名
・住所  ・TEL  ・FAX
をご記載の上

までメールでお送りください。

Web版 実用プラスチック用語辞典
What's New
サイト更新 月次更新(全体)2020.1.6
講演会紹介 注目される最新の分析技術について 
好評発売中 (第22版)プラスチック読本2019.4.25発行
サイト更新 項目別索引2016.4.26
今月のコラム
新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
1月号の特集は毎年、産業界全体を俯瞰してみるような企画を組んでいます。海洋プラスチックごみ問題など環境に関する問題が様々に取り上げられ、プラスチックは悪者のように報道されるシーンが増えました。もちろん問題はあります。しかし、生活になくてはならない素材となり、また新技術はプラスチックによって支えられてる部分もあります。サステナブルな社会とブラスチックのこれからをテーマに、田中千秋氏(元東レ)に総論を寄稿いただきました。また、電気自動車に使用されるエンプラの役割、改質リグニンや、ヘミセルロースの活用など取り上げています。どうぞご覧下さい。
コンビニの元日休業がニュースになっていました。元日ぐらいお休みしてもよいのではと、昭和な私は思っています。年に1日くらい、日本中の全ての店舗が休む日があってもよいのではないかとも考えます。それには元日がふさわしいですよね。経済活動は落ちますが、夏に何時間かライトを消すライトダウンキャンペーンがあるくらいですから、二酸化炭素の排出量も減るのではないでしょうか。改めて休みがない交通機関や医療関連で働いている方々には頭がさがりますね。まわりへの感謝の気持ちを忘れずに、2020年オリンピックイヤーもがんばりましょう。
新製品フラッシュ
新刊紹介
プラスチック読本
(第22版)

プラスチック読本"
本体価格:¥5,500円(税別)
新・一歩進んだ
射出成形技術

新・一歩進んだ射出成形技術"
本体価格:¥3,300円(税別)
プライバシー&ポリシー |
Copyright (C) 2005 PLASTICS AGE CO.,LTD. All rights reserved.