タイトル:月刊プラスチックス・エージ 月刊プラスチックス・エージ最新号表紙
1年間 セット価格 22,000円(税別・送料込)
1冊(12月号)本体価格 1,900円(税別)

プラスチックスエージ e-book

詳細→

ebookサービスは年間購読者へのサービスとなります。 年間購読者にはID、PWを発行いたします。 ご購読者Code番号、貴社名、ご氏名、電話番号、E-Mailなどをご記入の上、
FAX:03-3256-1954 または
までメールでお送りください。

年間購読の申込み

メールにて、件名を、
「年間購読申込」
本文には、
・貴社名 ・ご所属 ・ご担当者様名
・住所  ・TEL  ・FAX
をご記載の上

までメールでお送りください。

Web版 実用プラスチック用語辞典
What's New
サイト更新 月次更新(全体)2018.12.3
好評発売中 新・一歩進んだ射出成形技術2018.11.1発行
講演会紹介 環境・エネルギー分野におけるセルロース・バイオマス材料の役割と可能性 
サイト更新 項目別索引2016.4.26
今月のコラム

12月号は「サステナブルな社会とプラスチック」をテーマに、環境問題とプラスチックについて様々な技術を取り上げました。まず、プラスチックに関する環境問題の世界動向について、安井至氏にまとめていただいたほか、生分解性プラスチックの生分解性速度のコントロールについてや、射出成形できる次世代ウッドプラチック材料、FRPリサイクル技術の最新動向、プラスチックのリサイクルにおけるペレタイズプロセスと、多様な技術を紹介しています。
特集以外にも、画像検査統計表示システム「Camera Information System」による画像データの有効活用と生産の見える化・管理システムや、島津製作所の高速スパッタリング装置を取り上げました。どうぞ、ご覧ください。
これまでなかなかスポットライトの当たらなかったプラスチックのごみ問題、リサイクル、バイオマスプラスチックの利用などが注目されています。そして、社会全体での取り組みが動き始めました。
アディダスが靴と服すべてに再生材料だけ使い、未使用プラスチックの使用を2024年までにやめると発表したそうで,世界の大手メーカーが次々とこのような表明をしています。素人ながらすべてを実現するのは難しいのではと心配になります。兎にも角にも、技術革新は大きく進みそうですね。
新製品フラッシュ
新刊紹介
新・一歩進んだ射出成形技術』
新・一歩進んだ射出成形技術"
本体価格:¥3,300円円(税別)
ESDコーディネータのための静電気対策基礎シリーズ
(4)『静電気帯電防止のための静電気測定(下)』

ESDコーディネータのための静電気対策基礎シリーズ(4)"
本体価格:¥1,250円(税別)
プライバシー&ポリシー |
Copyright (C) 2005 PLASTICS AGE CO.,LTD. All rights reserved.